fbpx
  • Facebook
  • Instagram
  • Linkedin
  • M Residence-1
  • M Residence-2
  • M Residence-3
  • M Residence-4
  • M Residence-5

概要

M Residence

花崗岩のブロックでできた擁壁は、傾斜した境界に対し、強い水平性と現代的な曲面を持っています。ライムストーンを中心とした建物の外壁は、パブリックスペースとプライベートスペースの境界を明確にするためのエッジとなっています。家族が集う内部空間に庭や公園の景観をもたらし、ガラスとアルミで構成されたコアの繊細なファブリックを顕在化させています。この透過性のあるファブリックは、住宅内部のよりソフトな特性を表現しており、庭や空と内部空間の統合を可能にし、環境条件の変化に対応しています。また、伝統的な要素として、日本の住宅で伝統的に使用されている焦がし杉を使用しています。

空間と光は、オープンプランによって、各部屋が視覚的にも機能的にも融合し、また外のパティオや庭とも融合しています。高さのあるカーテンウォールは、地下も含めたすべての居住空間にスカイビューをもたらします。 スライド式のパーティションは、大きなオープンスペースをプライベートな部屋に変えます。
ワイドなスライディングウィンドウは、主要な居住空間をパティオやガーデンにシームレスに拡張することができます。 ガラスの吹き抜けに囲まれた竹林に見られるように、景観は可能な限り建築に組み込まれており、これは、日本の伝統設計に敬意を表したものであり、東京の密集した都市構造の中では珍しい、自然に近接した環境と安心感を提供するものです。
プログラムの要件は 1,500㎡の敷地に、6つのベッドルーム、リビング、キッチン、ダイニング、メイドルームを備えた個人住宅でした。 また、ホームシアター、家族の集いの場、日本式の共同バスルーム(庭に面した大きな洗面所)、畳の部屋、6台の車を収容できるガレージ、屋外での娯楽のための広大なルーフテラスを備え、全フロアとルーフテラスにエレベーターでアクセスできるようにしました。
サステナビリティを目標とした都市と建築のデザインを通して、環境と社会の持続可能性を促進し、東京で最も高価な場所のひとつである敷地の機能性を最大化しました。 地下のガレージを含め、住宅のあらゆる場所から自然の光と空気を取り入れることができます。石、竹、木、ライスペーパー、有機漆喰などの自然素材を随所に使用。有機漆喰は日本の伝統的な内装材で、大気中の臭いや湿度を吸収する性質があります。漆喰、木のサイディング、畳、ライスペーパーなど、その他多くの素材や仕上げは、自然で無害なものです。
戦略的に配置されたガラスと開閉可能なサッシは、自然対流を促進。 また、低いワット数のファンを備えたエアシャフトにより、高い天井から最下層まで熱気を送り込み、自然対流を利用して機械的な空調の必要性を低減しています。

Address

東京都 代官山

Category
Architecture
Location
Japan

その他のプロジェクト

Category:
Architecture